東洋医学 oriental medicine

未病を治す漢方の極意!ペットは元気を装い本当の姿は見せません。弱い所(未病)を早く見つけて手当するのは漢法・東洋医学の独壇場です。

大切な基本忘れた検査づけ

いまの獣医療は西洋医学的な検査が優先され、 実際のペットの体を見るという基本がおろそかです。
それに対して、東洋医学は患部だけではなく、頭からシッポまで全体に働きかけ、動物自身の抵抗力を高め自己治療力により病気を治す治療法です。

未病を見つける

治療法ではマッサージ、指圧、鍼などを行い、客観的にペットを見ることができます。
そして身体に触ることで変化に気づきやすく病気などの早期発見ができます。
早期発見ができれば症状は軽くて治りやすく、また病気になる前の未病も早く見つけて健康を守ることができます。

まず望診・触診・脈診・臭診・動診など

ペットは人の気づかない多くの不調や隠れた病気をもっているのが実際です。それは実際の体で始めて分かります。
それを目・口・舌・手足・胸・腹部はじめ体各部を人の五感で直接、調べます。
例えば、身体に合わないものを食べると様々な症状で現れます。
その症状から判断して、生活習慣や食べものを変えたり酵素の補充や整体や針などでより健康な体に戻すことができます。


体質・体調の診断

今の獣医療では個々の体形や体質・気質が無視されています。
当院では診察や体型・育歴・生活習慣などから体質・気質・体調を診断します。
例えば、食事の量や内容が適切でないとペットも肥満になります。すると、体重が足腰や心臓などへの負担となり、結果として関節や靭帯を痛め慢性全身疲労になってしまいます。

個性に応じた手当てを

ペットは個々の育歴や体質・気質でみな症状が違います。同じ症状に見えても対処は同じというわけにはいきません。
虚弱・冷え性・アレルギー症・慢性毛抜け・慢性胃腸炎・肥満・過食症・食糞症・疲労症・ 神経症・口咬癖など~あなたのペットのタイプは?
症状に合わせて治療することで、見違えるほどに回復するのです。

当院独自の酵素療法

当院では自然の海草や草木・実から抽出した、生きた酵素・アミノ酸を治療に応用しています。
生きたアミノ酸は超微粒子で、放射性ラベルによる投与実験で2~3秒の瞬時に体の末端にまわる事実が確かめられています。
良質な酵素は、体質改善や老廃物の解毒作用を高め、健康体をつくります。


診療時間・地図などはこちらをご覧下さい。