治療語録 a collection of sayings

ご存知ですか?ペットの知られざる本音 院長の名語録集や診療日記を掲載しています。

※写真をクリックすると拡大されます。

手術の前にはりが有効

6歳のダックスが「突然、腰が抜けて立てず、動かない」とやってきました。
1年前、兄弟のダックスも似た症状となり、薬や注射で一向に良くならず、結局手術という苦しい思いをしたため、今度は針治療を希望して連れてきたと言います。
診ると、両後肢に痛みの反応はほとんど見られず、尿や便も失禁していました。
早速、針や整体で施術しました。するとその途中から、かすかに痛みへの反応が出てきました。「これはいけるぞ」と感じました。
2日目には、トイレシートに乗せると自力で排泄できるようになり、わずかに片足を動かしたり、前足を使って動くほどになり、3日目には少し腰を浮かせる感じにまで改善したのです。
この症例の場合は、発症してすぐ施術を始めたのが効奏舌のですが、腰痛にかかってもすぐ手術に頼らずに、体の治す力を引き出す針治療や整体、酵素療法などが、何より大事と言えます。

水頭症のチワワ、元気で6歳に!

1歳の時に治療した、6歳になるチワワはいます。
来院したときは、体が右に湾曲して体を震わせ、右前肢を吊り上げて動こうとしません。
歩かすと体がひっくり返り、首を回すこともできず、食事も満足にとれません。
頭頂部が閉鎖不全で穴があり、水頭症と診断され、どの病院でも「もう治らない」と宣告されてどうしようもなく当院に来ました。
針や整体、酵素療法を行うと、固まった体が少し柔らかくなり、頭部にあった浮腫や目の突出が減じ、犬が楽そうになったので「これは何とかなる」と確信して治療を続けました。
次の日には、体の震えが止まり、ふらふらして時々倒れながらも歩けるようになり、3~4日後には、体を曲げつつも壁つたいに歩き、間もなく壁なしでも歩き、って食事もでき、3ヵ月ほどで首の曲がりが残るもののほぼ普通に生活できるようになったのです。
その後に、年に1・2回軽い症状が出て治療しましたが、その度に良くなり、この2年ほどは全く症状もなく、良好に過ごしています。
普通には手に負えない水頭症のような病気でも針や整体、酵素療法などが効く好例といえます。

手作り酵素の話

人でも犬猫でも新鮮なものほど体によいことは誰もが知っています。
その最大の理由は、新鮮なものほど生命力が多く含まれているからです。でも、加工すると多くが失われます。
そこで何とか新鮮な生命を取り出して命を保ちながら体に貰うことは出来ないでしょうか?
実は、そこで考え出されたのが手作り酵素です。
毎年、地上を緑でうめる草木には命が漲っています。特に若い草木やその先端の成長点には生命を支える活力ある酵素やタンパク質が豊富でう。
手作り酵素は、これらの生命のエキスを糖を活用して抽出し、呼吸して生きる状態で保存しながら、飲んだり塗ったりして利用するものです。普通、春先の若草と秋の実りの時期に短時間で仕込み、1週間で出来ます。
これを毎日、人や犬猫が少しずつ飲むだけでカゼなども引かず、不思議と体調が良くなる例が多く、まるで命の泉のようです。
いわば手作りジュースみたいなものですが、人とペットの健康に一番のおすすめです。

絶命寸前のウサギ救わる!

口を開け、腹で息する苦しそうな5歳のウサギが来院しました。
「心肥大と言われ、長く治療中だが治らず、最近動かず、食べずで悪化の一方。何とか助かるものなら」と人づてに当院を探して来たとのことです。
肺や心音は良いのに、粘膜蒼白で危険な状態でした。心臓よりも内臓疾患とみて触診すると、やはり脾臓・肝臓部位が腫れ、腹水で腹部がパンパン、造血器系の疾患が疑われました。
すぐ対応する針と整体で全身を施術し、命の水(酵素)を飲ませたりしました。すると舌や目、耳にかすかな赤みがさし、目に焦点が戻りました。
これは、助かるぞ!と思い治療を続けました。帰宅すると少し食べ始め、次の日には久しぶりに入口へ来て、エサを欲しがるようになりました。
3・4日後には、目や耳に血の気がさし、内蔵の腫れも半分ほどに縮小し、手足にも力が徐々に戻る回復ぶりを見せたのです。
針や整体、酵素療法は、このように外科的疾患ばかりでなく内蔵的な疾患にも効くからこそ、呼吸困難で命危ないウサギのピンチを救うことが出来たわけです。

ハムスターの病気は早期発見を。

最近はハムスターを飼う家庭が多くなっています。小さくて愛らしく、飼育も手軽で近所迷惑にもならないのが人気の秘密です。
でも、油断していると、病気に気づかず手遅れになることも少なくありません。
小さい動物は、敵に弱みを見せない習性がありますし、体をよくみさせないことも、病気の発見を遅らせてしまいます。
病気の早期発見のコツは、朝と夜ハムスターの様子をよく観察することが欠かせません。特に食事や水の減る量や動き回る様子などにいつもと違う様子が見られたら体調が悪い証拠です。また、行動の変化のほかにからだ全体が汚れた感じがないかどうかも大切なポイントです。
ハムスターはきれい好き何度も毛づくろいします。ですから、いつも毛つやがよく清潔です。病気だとこれをしなくなり、汚れた感じになるからです。
その他に目・鼻・尾などの濡れもカゼや下痢の病気です。こうしたことが見られたら早めに手当てしてあげましょう。

前へ12

診療時間・地図などはこちらをご覧下さい。